高校

交通死傷ゼロへの願い 交通死ー遺された親の叫びⅡ(最新〜2013)

「交通事故は本当に減っているのか?」(加藤久道著 花伝社)刊行に励まされ

 「交通事故は本当に減っているのか?」という衝撃的標題の本が刊行されました。副題には「『20年間で半減した』成果の真相」とありますが、私は一読して、麻痺した「クルマ優先社会」を改めるために一石を投じた ...

「北海道新聞」2022年5月18日

交通死ー遺された親の叫びⅡ(最新〜2013) 交通教育

【報告】「命の大切さを学ぶ教室」での講話「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」のレジュメ・資料より

1995年10月、17歳の長女を重大過失(前方不注視)の交通犯罪で奪われました。悲嘆の中、娘の犠牲を無にしてはならないとの一念から、2000年以来体験講話の要請に応じています。以下は、道内高校における講話レジュメと資料の2022年版です。(配付資料として、高校ではA4版4枚、中学校では、A4版2枚にまとめています)

論考・発言

【13】2018/2 札幌高裁研究会での講話 「交通事犯被害者の現状と願い」

札幌高等裁判所主催「犯罪被害者等の置かれた立場、状況等に関する理解を深めるための研究会」での講話「交通事犯被害者の現状と願い」(レジュメ・資料)より 2018年2月7日 於:札幌高等裁判所大会議室 北 ...

論考・発言

【12】2015/11 内閣府主催「第10交通安全基本計画(中間案)に関する公聴会」での公述人意見

2015年11月6日 中央合同庁舎8号館第1階講堂 北海道交通事故被害者の会 代表 前田敏章  北海道の会は、発足以来、被害根絶のための活動を重視してきました。よろしくお願いいたします。  私の長女は ...

交通死ー遺された親の叫びⅡ(最新〜2013) 交通死傷ゼロへの願い

【報告】飲酒運転のない北海道を目指すシンポジウムに100人

悲劇を繰り返さないために、飲酒運転撲滅条例の制定を  北大などの学生が作るアルコール問題対策委員会が主催し、北海道交通事故被害者の会も共催という形で全面協力した標記のシンポジウムが、6月7日、北大医学 ...

交通死ー遺された親の叫びⅡ(最新〜2013) 交通教育

【報告】「小樽事件からの教育・社会の課題」をテーマに公開シンポ

「小樽事件からの教育・社会の課題」をテーマに公開シンポジウム  1月24日、スローライフ交通教育の会(当ページにサイト在り、事務局前田)主催の公開シンポジウムが、札幌市北区の北海道クリスチャンセンター ...

交通死ー遺された親の叫びⅡ(最新〜2013) 交通教育

【報告】体験講話「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」続報(3月2日)

「北海道新聞」2013年8月3日 生徒の感想文が、このほど警察庁主催の作文コンクールで表彰  1月1日の報告の続きです。  体験講話「命とクルマ 遺された親からのメッセージ」を聴いた生徒の感想文が、こ ...

交通死ー遺された親の叫びⅡ(最新〜2013) 交通教育

【報告】体験講話「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」への生徒の感想文から

体験講話「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」  2000年以来同じタイトル(「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」)で、体験講話の要請に応えています。昨年までの延べ回数と受講数は、289回、 ...

交通死ー遺された親の叫びⅡ(最新〜2013) 交通教育

【報告】公開シンポ「クルマ社会と交通教育」

 スローライフ交通教育の会 主催の公開シンポジウム「クルマ社会と交通教育」が10月19日開催されました。  会場の北海道クリスチャンセンター(札幌市北区)には、大学や高校の教員、そして大学生(8人)、 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.034】 2013/4/10 「クルマ社会」の麻痺を根底から問う

~ 編集を終えて ~ ■清水さん、佐々木さん、河合さん、山口さんはじめ、今号にも被害者遺族の痛切な叫びとたたかいの報告が続き、胸が痛みます。編集を行いながら何度も中断し、涙をぬぐい、怒りでこぶしを握り ...

論考・発言

【11】2013/2 被害者理解のために~長女の交通死事件と被害者団体の活動~

北海道精神保健協会機関誌「心の健康」130号2013年2月所収原稿 「被害者理解のために~長女の交通死事件と被害者団体の活動~」 北海道交通事故被害者の会 代表 前田敏章 (犯罪被害者団体ネットワーク ...

論考・発言

【8】2011/2 ロードキルが原因の交通事故をめぐる国家賠償裁判例を通して、生徒が学んだ野生生物と交通の課題

ロードキルが原因の交通事故をめぐる国家賠償裁判例を通して、 高校生が学んだ野生生物と交通の課題 Conflicts between Wild Animals and Road Traffic-What ...

論考・発言

【7】2010/10 内閣府主催「第9次交通安全基本計画(中間案)に関する公聴会」での公述人意見

内閣府が主催した「第9次交通安全基本計画(中間案)に関する公聴会(2010/10/22)での公述人としての発言原稿。 第9次交通安全基本計画(中間案)に関する公聴会での公述人意見 (2010年10月2 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.027】 2010/4/17 希望

■少年院で、交通犯罪によって同乗者に脳への重い後遺障害を負わせ、「加害者」の立場になった少年に面接指導をする機会がありました。「被害者」とその家族への償いの人生という十字架を背負う少年は、その覚悟をた ...

書籍のご案内

書籍紹介 「脱・スピード社会」~まちと生命を守るソフトカー戦略~

2023/5/30    ,

「脱・スピード社会」~まちと生命を守るソフトカー戦略~ 発行所:清文社、2009年4月20日 発行 ■著者:小栗幸夫(千葉商科大学政策情報学部教授、ソフトカー・プロジェクトチーム代表、) ■本の紹介、 ...

図1:死亡1例に対する入院、事故数(0~14歳 オランダ 注5)の報告書より作成)

論考・発言

【5】2008/4『スローライフ交通教育』の意義と教育現場での実践事例

「交通権」誌掲載「研究ノート」より 「スローライフ交通教育」の意義と教育現場での実践事例 The meaning of "traffic and transportation education fo ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.023】 2007/12/25 高校生の感想文

◆「自動車運転過失致死傷罪」(2007年6月12日施行)と「飲酒運転厳罰化の道路交通法改正」(2007年9月19日施行)によって交通犯罪の刑罰の適正化が大きく前進と思われた矢先の12月18日、これら厳 ...

相互支援の記録(2000〜2013)

【No.009】 高橋真理子さん交通死事件

since 2007.10.4.札幌高裁2008年4月18日、ロードキル対策を怠った旧道路公団の管理責任を認める画期的判決。しかし最高裁第三小法廷は、2010年3月2日、不当にも二審破棄の不当判決!

相互支援の記録(2000〜2013)

【No.004】 山下博之さん交通死事件、支援の記録

山下博之さん交通死事件、たたかいと支援の記録 since 2003.12.28.  last up 2005.6.25. 署名、傍聴など支援に心より感謝致します 経過・経緯を見る ご遺族の訴え 「進行 ...

相互支援の記録(2000〜2013)

【No.011】 飲酒・ひき逃げ犯の厳罰化を求める署名運動

高1の息子さんを、悪質な飲酒、ひき逃げで奪われ、法改正を求める署名活動を始めた、高石さんの訴え

© 2024 交通死「遺された親」の叫び