交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

~本ページ初期からのコラムを記録として~

娘の事件は「通り魔殺人的」被害。「遺された親」の心情と闘いをコラムでつづる。

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.035】 2013/5/11 今こそ危険運転致死傷罪など刑法の全面的見直しを(その3)

2013/5/13  

※今国会に4月12日提出された刑罰改正案について、北海道交通事故被害者の会としての見解をまとめ、5月11日の総会・交流会で討議しました なお、次の交流会資料(pdf)も参照下さい 「自動車の運転により ...

no image

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.034】 2013/4/10 「クルマ社会」の麻痺を根底から問う

2013/4/10  

~ 編集を終えて ~ ■清水さん、佐々木さん、河合さん、山口さんはじめ、今号にも被害者遺族の痛切な叫びとたたかいの報告が続き、胸が痛みます。編集を行いながら何度も中断 し、涙をぬぐい、怒りでこぶしを握 ...

no image

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.033】 2013/1/15 新しい年に

2013/1/15  

~ 編集を終えて ~ ■1年前のこの欄に、「1月9日現在、道内の交通死は1名です。その被害の重みを胸に刻み、犠牲はこれで終わりにしなければならないとの思いを新たにしま した。」と書きました。「ゼロへの ...

no image

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.032】 2012/8/27 今こそ危険運転致死傷罪など刑法の全面的見直しを(その2)

2012/8/27  

8月22日、法務副大臣との面談が実現。法務省を訪れ、北海道交通事故被害者の会として「危険運転致死傷罪の適用要件緩和など交通事犯の刑罰適正化に関する要望」(添付。6月に提出済)について、谷博之法務副大臣 ...

no image

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.031】 2012/8/11 今こそ危険運転致死傷罪など刑法の全面的見直しを(その1)

2012/8/11  

■2012年8月7日の北海道新聞は「危険運転の適用拡大へ 法相 来月、刑法改正を諮問」との見出しで、滝実法相が法制審議会に刑法改正を諮問する予定であることを報じました。交通犯罪の厳罰化(=適正化)を一 ...

no image

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.030】 2012/5/13 交通犯罪への刑罰について~特に危険運転致死傷罪に関わって~の覚え書き

2012/5/13  

交通犯罪への刑罰について、私たちの願いは当会(北海道交通事故被害者の会)の要望事項(後掲、資料1)に集約されています。その主張は10年前に当会が初めて要望事項(後掲、資料2)をまとめた時から基本は変わ ...

no image

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.029】 2012/1/13 津田美知子さんの講演と雪山

2012/1/13  

■「道新」1月1日の1面に、2011年の道内の交通死者数が62年ぶりに200人を下回る190人であったという記事が載りました。11月には江別で、飲酒・ひき逃げ・無免許による兇悪犯罪もあり、「ゼロ」には ...

no image

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.028】 2010/10/11 第9次交通安全基本計画(中間案)に対する意見

2010/10/11  

私の長女は、前方不注視のクルマに轢かれ17歳の短い生涯を終えた。被害ゼロを願う当事者の意見~生命尊重を貫いた理念と目標、速度抑制と制御、生活道路での歩行者優先など~を、是非公述人として具体的に申し述べ ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.027】 2010/4/17 希望

2010/4/17  

■少年院で、交通犯罪によって同乗者に脳への重い後遺障害を負わせ、「加害者」の立場になった少年に面接指導をする機会がありました。「被害者」とその家族への償いの人生という十字架を背負う少年は、その覚悟をた ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.026】 2009/7/13 「世界最先端研究の支援」をいうなら、「交通死傷ゼロ」に直結する、共生の交通社会のための速度制御カーとそのシステム研究を

2009/7/13  

政府は・・・「先端的研究を推進して実現してほしいこと」に関する意見を募集 政府は「経済危機対策」に基づく平成21年度補正予算の中で盛られた「世界最先端研究支援強化プログラム(仮称)」を実施するとして、 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.025】 2008/1/12  福岡地裁の不当判決に怒り  高裁での逆転公正判決と刑法の再改正を求める(2/9一部改訂)

2008/1/12  

「飲酒、時速100キロ、12秒以上の脇見」を「正常な運転が困難な状態とは認められない」と判示した福岡地裁の非常識 福岡地裁の川口宰護(しょうご)裁判官は1月8日、福岡3児死亡事件の加害者に対し、危険運 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.024】 2008/1/8「いのち」でつながり、「希望」の「未来」へ

2008/1/8  

◆北海道の仲間(会員)が10人そろって11月24、25日の犯罪被害者週間全国大会に参加しました。大会のサブテーマ「いのち・希望・未来」には「いのちを大切にする心をつなぎ、社会全体が希望ある未来へ向かう ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.023】 2007/12/25 高校生の感想文

2007/12/25  

◆「自動車運転過失致死傷罪」(2007年6月12日施行)と「飲酒運転厳罰化の道路交通法改正」(2007年9月19日施行)によって交通犯罪の刑罰の適正化が大きく前進と思われた矢先の12月18日、これら厳 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.022】 2007/6/7「自動車運転過失致死傷罪」新設について

2007/6/7  

◆2007年5月17日「朝日新聞」夕刊の「『運転致死傷罪』新設、最高懲役7年に引き上げ、改正刑法成立」という見出しに、一時の感慨に浸りました。「交通犯罪被害を生まない社会に向けて道半ばだが、ここまでき ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.021】 2007/1/1  貴重な一歩、法務省と警察庁が交通犯罪厳罰化の方針

2007/1/1  

◆犯罪被害者等基本法制定に一筋の光を感じたのが、2004年12月でした。それから2年。2007年は新たな期待を感じる中で迎えることが出来ました。「人身事故に重い罰 脇見・速度超過・・・」。大晦日の20 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.020】2006/1/10 犯罪被害者等基本計画」と「交通死ワースト返上」に思う

2006/1/10  

◆昨年末の12月27日、犯罪被害者等基本計画が閣議決定されました。2004年12月成立の基本法に基づく施策が具体的な形となって現れた70ページ、258項目に、ある種の感慨を覚えます。 ◆8月の骨子案は ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.019】2005/4/3  一筋の光、「犯罪被害者等基本法」施行とドクターヘリ本格運用

2005/4/3  

◆年度始めの4月1日、新聞記事の見出しのいくつかに目が行きました。 ◆一つは、「犯罪被害者基本法きょう施行」という読売新聞記事です。犯罪被害者の権利を保障した「犯罪被害者等基本法」が6か月間の周知・準 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.018】2005/1/10 運転席の「装飾版」が全面禁止に

2005/1/10  

◆クルマ使用の社会的規制が一つ進みました。視界が遮られて危険が指摘されていたトラックなどのフロントガラスの「装飾板」が、この1月から全面禁止となったのです。 ◆国土交通省が道路運送車両法の「保安基準」 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.017】2004/8/11  運転中の携帯使用は危険行為

2004/8/11  

◆前号(会報14号)で報告した改正道交法は6月3日に成立しました。現在施行令の改正試案が出されており、年内にも施行されるとのことです。 ◆中型免許新設と大型免許の受験資格年齢の引き上げ、飲酒運転の呼気 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.016】2003/7/8 交通安全への高校生の思い

2003/7/8  

今春、岩見沢市の岩見沢東高校の交通安全教室に招かれ「命とクルマ、残された親からのメッセージ」を伝えた。後日送られてきた感想文の内容は素晴らしいものだった。感謝を込めて一部を紹介させていただく。 「以前 ...

Copyright© 交通死「遺された親」の叫び , 2020 All Rights Reserved.