交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.033】 2013/1/15 新しい年に

投稿日:2013年1月15日 更新日:

~ 編集を終えて ~

■1年前のこの欄に、「1月9日現在、道内の交通死は1名です。その被害の重みを胸に刻み、犠牲はこれで終わりにしなければならないとの思いを新たにしま した。」と書きました。「ゼロへの提言」のフォーラムを特集した本号の編集を終えた1月15日現在、道内の交通死は今年も「1」です。しかし、9日までは 「0」でした。年明け後のゼロ日数は88年と2011年の「4日」を上回る「最遅記録」とのことです。

■フォーラムの感想アンケートに、「夫と息子が交通 事故で亡くなってから、ニュースや新聞記事は〈交通事故〉ばかり耳と目に入るようになりました」と書かれたご遺族がありました。私もそうですが、被害者は 「犠牲を無にしたくない」との強い思いから、交通死傷報道とその「数」に、いつも憂います。しかし、9日間「北海道0人」との記事を目にしたとき、少しの 希望を感じました。今冬の多雪による「交通静穏化=スピード抑制」がその一因としてあるとは思いますが、意識の変化もあると思うからです。

■会が出来た頃 は「ゼロを」という言葉を遠慮がちに口にしたこともありました。しかし、私たちは、仲間と心を一つに、「減らす」だけでなく「根絶」しなければならない と、行政や社会に必死に訴え続けてきました。

■結果、歩みは遅いですが、犯罪被害者等基本法や刑罰改正などもあり、社会の受け止めに変化の兆し~「ゼロ を」という訴えに共感してくれる人が多くなった~が感じられるのです。

■それでも未だ、気持の落ち込みを感じることが時々あります。ハートバンド主催の全 国大会に出席された諸澤英道先生(2007年の道フォーラムの講師)は車座トークで「矛盾だらけの、犯罪者のための司法制度全てを、被害者のためのものに 作り直さなければならない」と強調されました。今フォーラムで討議した刑罰改正など、課題の多さと大きさに時折たじろぎますが、「私の未来宣言」(※犯罪被害者団体ネットワーク(ハートバンド)が2012年12月1日の大会で発表した宣言文)を読み返し、一人ではないこと、仲間の輪、支援の輪、社会正義を求める人々の輪の大きさと力を信じ、それらを一層感じられるよう、前へ進まなくては思います。 

北海道交通事故被害者の会会報40号(2013年1月15日)掲載の「編集を終えて」より

-交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

Copyright© 交通死「遺された親」の叫び , 2020 All Rights Reserved.