娘の犠牲を無にせず、人命軽視の麻痺した「クルマ優先社会」を問い直し、
交通死傷被害を生まない社会を創るために、
心の中の娘とともに考え、行動し、発信し続けます


キーワードは、「命の尊厳」「交通死傷ゼロ」「被害者の視点と社会正義」「脱・スピード社会とスローライフ」です。


娘からの「問いかけ」に答えて

建立日
1999年10月25日(4年目の命日)
碑銘
私の犠牲を無にせず
子どもやお年寄りも
安心して歩ける
人にやさしい社会を
創ってください
所在地(帰天地)
千歳市北信濃770‐7市道東7線
(株)ダイヘン前

私たちの最愛の娘千尋(ちひろ)は、1995年10月25日、学校帰りの歩行中、後ろからきた前方不注視のワゴン車に衝突させられ、わずか17歳(高校2年生)で限りない未来とその全てを奪われました。
「遺された親」である私と妻は、筆舌に尽くし難い悲しみと怒りで胸が張り裂けそうな日々の中、未だに、娘の仏前で「安らかに」と声をかけることはできません。

いつも娘から「私は、なぜこんな目に遭わなくてはならなかったの」「私がその全てを奪われた犠牲は(今の社会で)報われているの」と、問いかけられているような気がするからです。
「遺された親」として、娘の無念を胸に、この「問いかけ」に答えなければならないと思います。
犠牲を無にせず、現代の最大の人権侵害である交通犯罪・交通死傷被害を根絶するために、心の中の娘とともに、考え、行動し、発信し続けます。 

投稿日:2019年3月11日 更新日:

Copyright© 交通死「遺された親」の叫び , 2020 All Rights Reserved.