交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.015】2003/7/5  断ち切れ「加害者天国」「危険運転致死」適用拡大を

2003/7/5  

被害者の視点がなければ、人権侵害の実態が見えない。八年前、高校二年の私の長女は学校帰りの歩行中、前方不注視の車にはねられ、即死した。通り魔のような被害に遭った娘と同様の人権侵害が日常化している現状を見 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.014】2003/5/28 「何年たっても」

2003/5/28  

五月の日曜日、姪(めい)の結婚式に招かれた。教会式では、新婦は父親に導かれて入場し、中ほどで新郎が代わってエスコートする。 はじらいの中にも幸せいっぱいの姪の横顔を見ているうちに涙が止まらなくなった。 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.013】2003/4/14 「大人の方へ」

2003/4/14  

長い冬から解放される四月。新入学や、新しい学年を迎えた子どもたちは期待と希望に心も躍る。 しかし、送り出す家族はその背中に「クルマに気をつけて」と一声かけずにはいられない。児童生徒が歩行中、あるいは自 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.012】2003/3/3 運命

2003/3/3  

今日はひな祭り。八年前までは、二人の娘の成長を喜ぶ華やいだ日だった。しかし、長女が交通犯罪の犠牲となり、泣きながら飾りつけをした七年前からは、無念をかみしめる日に変わってしまった。仏壇の横に今年も飾ら ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.011】2003/1/16 「視点を変える」

2003/1/16  

交通犯罪被害に遭った娘への思いを込めて、ホームページ「交通死―遺された親の叫び」を開設している。 先日、このページを見た神戸の被害者の方からこんなメールを頂き、暗たんたる気持ちになった。 「ひと月前、 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.010】2002/11/27 生命のメッセージ

2002/11/27  

「どんな本よりも命の大切さを伝えてくださり、感謝しています」。これは、五月に札幌で開催した「生命(いのち)のメッセージ展」を見た人の感想だ。 メッセージ展は、大学生の息子さんを飲酒・無免許・スピード違 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.009】2002/10/3  原因療法

2002/10/3  

江戸前期の一六九一年に来日したドイツ人の船医ケンペルは、日本橋の街中を通った時、みごとに着飾った婦人たちに出会い、驚いたという。当時のヨーロッパでは、道路に雑排水や生ごみ、時にはし尿までも捨てられ、不 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.008】2002/8/26  償い

2002/8/26  

七月末、札幌で開かれた交通安全セミナー。この種の講習には珍しく、講話の合間に、さだまさしの「償い」が流された。 横断中の人をひき、その人の奥さんに毎月送金をしていた青年が、七年後、奥さんから「誠意はわ ...

no image

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.007】2002/4/15  雪解け早く?道内交通死最悪ペース - 求められるのは具体的な「規制」

2002/4/15  

「道内交通死 最悪ペース」(「北海道新聞」02/3/23)こんな見出しに、春の陽射しにも心からの暖かさを感じることができません。今冬は雪解けが早く、スピードを出すドライバーが増えたのが原因とのこと。 ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.006】2000/11/18  交通事故被害は「社会的費用」?!

2000/11/18  

「交通安全白書」にみる総務庁の「クルマ優先社会」思想 総務庁が編集・発行し国会に報告される「交通安全白書」(以下「白書」)平成12年版を改めて読んだ。その中に、交通事故被害を仕方のない「社会的費用」と ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.005】2000/7/15 ある判決

2000/7/15  

昨日、7月14日、札幌地裁での斉藤良夫さん(「北海道交通事故被害者の会」会員の斉藤千穂さんのお父様 当時76歳)を轢き殺した加害者に対する刑事裁判の判決公判を傍聴した。判決は「禁固1年」の実刑。奥様は ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.004】2000/2/5  小学生殺害事件と「交通死」(3.9.加筆)

2000/2/5  

1999年12月に京都の小学校校庭で起きた中村俊希君(小学2年)殺害事件の容疑者が、任意同行を求めた捜査員を振り切り、団地の13階から飛び降り自殺した事が大々的に報じられた。中村さんの自宅には「事件か ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.003】2000/1/8  「犯罪白書」にみる交通犯罪の扱いの軽さ

2000/1/8  

1999年版「犯罪白書」を読んだ。日本社会の人権無視の異常さに慄然とした。一例を挙げる。 ○ 刑法犯検挙人員の罪名別構成比(p5) 交通関係業過(「業過」とは業務上過失致死傷及び重過失致死傷のこと)が ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.002】1998/12/30 「交通死減少に」気を緩めないで

1998/12/30  

98年の道内での交通事故死者数が過去10年の最少ペースという報道がありましたが、はたして、交通事故は沈静化に向かっているのでしょうか。 発生件数はここ20年来増え続けているはずです。98年の減は不況に ...

交通死ー遺された親の叫びⅠ(2013~1998)

【コラムNo.001】1998/9 交通安全運動に思う

1998/9/30  

秋の交通安全運動が今年も始まる。3年前(1995.10.25.)、当時高校生の長女を、歩行中後ろから来た「前方不注視」のワゴン車により即死させられ失った私たちは、文字どおり筆舌に尽くし難い悲しみの毎日 ...

Copyright© 交通死「遺された親」の叫び , 2020 All Rights Reserved.